なぜ育毛剤には男性用と女性用があるの?

性別によって違う薄毛の原因と症状

薄毛といえば、最近では男性だけでなく女性の悩みでも取り上げられるようになってきました。薄毛に悩んだ時手っ取り早く試せるのはシャンプーや育毛剤です。そのシャンプーや育毛剤、テレビのCM等で男性用、女性用という言葉を耳にしますが、一緒じゃダメなの?と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。その違いは男性と女性の薄毛は原因や症状が異なっているという事からきています。男性の場合は遺伝や男性ホルモンの影響、頭皮の血行の悪さが要因となり、放っておくと全てが抜け落ちてしまう進行型です。それに対し女性の場合は加齢やストレス、ホルモンのバランスの乱れ、過度のダイエットによる栄養不足など様々な要因によって毛髪が細くなることで起こりやすいと言われおり、適切な対応を行えば薄毛を改善できる可能性があります。

男性用と女性用の育毛剤は何が違うのか

男性用育毛剤と女性育毛剤が大きく違う点として、男性用育毛剤には男性ホルモンが薄毛の成分に変化するのを抑えるための有効成分が含まれているものが多く、女性に対しては全く効果が感じられない所です。そして原因の1つでもある血行を促進する成分が含まれており、女性の育毛剤より濃い成分が配合されています。それに対して女性用育毛剤の役割は栄養補給です。頭皮環境を快復し、それと共に美容を行いサラサラの髪質を取り戻す役割をします。そのため女性用の育毛剤は医薬部外品だけでなく、化粧品に分類されるものもあり、敏感肌の方でも安心して使える刺激の少ない育毛剤となっています。育毛剤をお考えの方は、自分の性別やタイプにあった成分を含み、自分の頭皮に合った育毛剤を探してみて下さい。